インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

どんな料理にも合う!インドネシア料理に欠かせない調味料「サンバル」



世界各国にはさまざまな種類の調味料が存在しますが、インドネシアで根付いている定番調味料といえば「サンバル」。インドネシア料理に使われる辛味調味料で伝統料理にも使われるほど文化があり、家庭では“おふくろの味”として親しまれています。どんな料理にも合う万能調味料で、インドネシア人には絶対に欠かせないものです。


インドネシアやバリの定番調味料「サンバル」とは?


唐辛子や赤タマネギ、ニンニクなどでで作られるサンバルは、辛いものから甘いものなどさまざまな味と風味を持っています。サラダや副菜にかけたり、魚や肉に添えるだけでも美味しく食べることができるまさに万能調味料。インドネシア料理の甘くてコクのあるスパイシーな味付けはこのサンバルなのです。インドネシアのレストランや食堂、屋台などではサンバルが必ず置いてあります。飲食店によってはサンバルだけで数十種類あり、好みの味を選択することができることも。よっぽど辛い料理が苦手な人でない限り、インドネシアではサンバルがとても愛されています。

ナシゴレンやインドネシア風焼きそばであるミーゴレンの調味料のほか、揚げ物にソースとしてかけたり、煮込み料理やスープ、白いご飯にかけて食べられています。インドネシアのスーパーやコンビニなどでは市販のサンバルも販売されており、チューブ状のものや瓶に入っているものなどさまざまなものがあります。やはり手作りのものとは味わいが違うものの、手軽にサンバルを入手することができます。


サンバルのレシピは地域や家庭により多種多様。色々な味を試すのも楽しい


サンバルにはさまざまな種類がありますが、多くの場合、油で炒めるか、生で混ぜ合わせてつくかで分かれます。種類が豊富なだけあって、サンバルのレシピもさまざま。飲食店や家庭、地域によって味付けなどが大きく変化します。油で炒める「サンバル・ゴレン」は唐辛子とニンニク、エシャロットを油で炒めてから、塩、油、砂糖を加えてすり鉢でつぶします。(トマトやテラシ、ネギを入れることも。)
インドネシアではレストランや食堂を訪れるたびに、異なるサンバルの味を堪能することができます、いろいろな食べ物に合うので、組み合わせによって味や風味も変化し、食卓を彩るのにも欠かせないもの。美味しいだけでなく、食事の楽しさも感じることができるのもサンバルの魅力です。インドネシアで本場のサンバルを味わっていただきたいですが、日本にいても通販でも気軽に購入することができます。ぜひ色々な料理と一緒に味わってみてください。



フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら