インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

現地でしか味わえない!辛さが病みつきになるインドネシア・バリの伝統料理「バビグリン」



イスラム教徒の割合を多く占めるインドネシア。イスラム教徒では豚は不浄とされ食べることは禁止されていますが、バリ島ではバリ・ヒンドゥー教を信仰しています。そのため食べ物に関して制限がなく、バリ人にとって豚料理は馴染みのある料理なのです。そんなバリ島のローカル料理といえば「バビグリン」。にんにく、しょうが、ターメリックなどさまざまなスパイスで味付けし香ばしく焼き上げたローストポークをぜひ味わってみてください。


一度食べたら病みつきになるバリ伝統料理「バビグリン」


一度食べたら病みつきになるバリ伝統料理「バビグリン」


バビグリンは、各種スパイスで味付けてゆっくりと時間をかけて豚を丸焼きにする料理のため、バリ観光で訪れてもあまり見かけることができない料理かもしれません。お祝い事のほかランチなどでも気軽に食べられる人気料理としてバリ島に根付いており、ワルン(食堂)で提供されるバビグリンは飯の上にパリパリの皮や色々な部位のジューシーなお肉が乗せられています。お腹の中に野菜やスパイスをたくさん詰めて丸焼きにすることで臭みが全く出ず、スパイシーでジューシーな仕上がりになります。捨てる部分は無く、腸の部分は「ウルタン」というウィンナーにしたり油でカリカリに揚げて食べたりします。一言に豚の丸焼きと言っても、たくさんの部位を美味しく食べられるのがバリ島伝統料理のバビグリンの特徴です。


バビグリンはどこで食べられる?

 

バビグリンを食べられる場所といえば、バリ島のワルン(食堂)。観光客向けのレストランでも食べることはできますが、ワルンと比べると少し割高に。ワルンの場合は15,000~25,000ルピア(=約120~200円)ですが、レストランの場合40,000~60,000ルピア(約310~470円)するお店もあります。観光客の多いエリアの飲食店ではやや高い値段設定ではありますが、テイクアウトすることでリーズナブルに済ませることができます。「この金額内で」とこちらからお金を渡せば、その値段の分量だけ取り分けてくれます。お店でゆっくり食べても持ち帰っても変わらない味が楽しめますよ!

 


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら