インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

日本人とインドネシア人の働き方の違い


 

インドネシア人と日本人が共に働く企業が多くなってきている今、両者の働き方や考えを理解し合いながら過ごさなければ仕事は成り立ちません。日本人とインドネシア人の考え方や働き方を予め知っておくと効率よく働けるでしょう。

 

離職者が多い?!

離職者が多い?!

 

日本では終身雇用制や年功序列制度がありますが、インドネシアにはそれらの制度はありません。近年日本のように社会保障制度が導入されましたが、まだ全国には行き渡っていないのが現状。インドネシア人は離職者が多いともいわれており、何年かに一度、数ヶ月毎に転職を繰り返す人も珍しくありません。離職者が多い理由として、日本人は「自分は会社の一員」という意識を持っていますが、インドネシア人はその意識が低い傾向にあることが挙げられます。日本のように会社に貢献するという感覚ではなく、自分は独立しているという感覚でいるようです。またキャリアよりも給与が高い仕事を選ぶので転職する人が多いと言われています。

 

仕事より宗教を優先

仕事より宗教を優先

 

インドネシア人は一般的に仕事よりも宗教を人生の糧にし、祝祭日は宗教に合わせます。人口の8割はイスラム教徒であり、仕事中でも正午になると礼拝が行われ礼拝堂で昼寝をしてしまう人も少なくありません。日本人は宗教を信仰している人口は少ないですが、インドネシア人はイスラム教徒を信仰する人が多いため、様々なことに注意しなければなりません。たとえば食事に誘う際は豚肉を食することができないので、ハラール対応店を探すことが必要です。もちろん全てのインドネシア人がイスラム教徒というわけではありませんので、事前に確認しておきましょう。

 

インドネシア人の働き方

インドネシア人の働き方
 
インドネシア人の働き方は日本とは大きく異なります。特にサービス業でトラブルが起きると自分を守ることだけを考えてしまう人がいます。これ以上仕事を増やさないように顧客対応を先送りにしたり、クレームもうやむやにする傾向があるようです。また、日本人は業務より時間での契約になっていることが多く、自分の業務が終われば他に何かできることはあるか探し仕事をすると思いますが、インドネシア人は自分の業務が終われば就業時間内であっても他の業務を探すことはしません。社長さえ喜んでもらえればそれで良いという考えがあるため、個人差はあるものの社長の機嫌を損ねないように仕事をする従業員が多いようです。
 
いかがでしたでしょうか。お互い理解しながら効率良く働くためにも日本の「ホウレンソウ」や文化を伝えていくことも重要になるでしょう。
 

1日1回ポチッとしてくれたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら