インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシア語で尋ねるときのフレーズ


 

インドネシアで道に迷ったときや分からないことなど、現地の人に聞くことができれば心強いですよね。今回は、現地で場所など何かを尋ねるときのフレーズをご紹介します。

 

場所を尋ねるときのフレーズ

日本語 インドネシア語 発音
これは何ですか? Ini apa?/Apa ini? イニ アパ/アパ イニ
それ(あれは)何ですか? Itu apa?/Apa itu? イトゥ アパ/アパ イトゥ
Ini (イニ)=これ
apa(アパ)=「何」という疑問詞。物の名前が分からないときに尋ねます。
itu=「あれ」「それ」遠いものを指すときに使います。

インドネシア語は英語のように単数系と複数形を区別しません。たとえば、「これは本です」と「これらは本です」はどちらもIni buku.です。
 
 
これはトイレで、あれはレストランです。 Ini kamar kecil dan itu restoran. イニ カマル クチル ダン イトゥ レストラン
kamar(カマル)=部屋
kecil(クチル)=「小さい」ですが、トイレとも言います。
dan(ダン)=「そして」「〜と〜」
 
 
どちらへいらっしゃいますか? Mau ke mana? マウ ク マナ?
mau(マウ)=「〜したい」「〜します」。願望・志望・未来を表します。
ke(ク)=「〜へ」
mana(マナ)=「どこ」。ke manaで「どこで」になります。
 
日本へ行ったことがありますか?

Sudah pernah ke jepang?

スダ プルナ ク ジュパン?

sudah(スダ)=「すでに〜した」「もう〜した」
pernah(プルナ)=「かつて」sudah pernahで「もう〜したことがある」と経験を示します。
 
すみません、駅はどこですか? Numpang tanya,di mana stasium?

ヌンバン タニャ ディ マナ スタシウン?

numpang tanya(ヌンバン タニャ)=「ちょっと、お尋ねしますが…」と人に声をかけるときに使うフレーズです。
di mana(ディ マナ)=「どこに」「どこで」
stasium(スタシウン)=駅
 
 
場所を尋ねるときは、場所のところにmana(マナ)「どこ」を入れて、読むときは語尾を上げます。
 
この列車はどこからきましたか? Dari mana kereta ini? ダリ マナ クレタ イニ?
dari(ダリ)=「〜から」
 

まとめ

日本語 インドネシア語 発音
これは何ですか? Ini apa?/Apa ini? イニ アパ/アパ イニ
それは何ですか? Itu apa?/Apa itu? イトゥ アパ/アパ イトゥ
どちらへいらっしゃいますか? Mau ke mana? マウ ク マナ?
日本へ行ったことがありますか? Sudah pernah ke jepang? スダ プルナ ク ジュパン?
すみません、駅はどこですか? Numpang tanya,di mana stasium? ヌンバン タニャ ディ マナ スタシウン?
この列車はどこからきましたか? Dari mana kereta ini? ダリ マナ クレタ イニ?
ボビー氏はどこから来ましたか? Bapak Bobby dari mana? バパッ ボビー ダリ マナ?
トイレはどこですか? Di mana kamar kecil? ディ マナ カマル クチル?
レストランはどこですか?

Di mana restoran?

ディ マナ レストラン

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら