インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシア、異例のリモート礼拝が始まる


 

4月24日から始まったイスラム教の断食月「ラマダン」。世界各地で新型コロナウイルス感染症対策が行われる中、家族や親戚の集まりや集団礼拝が禁止される国もあるなど、異例のラマダンとなっています。
通常であれば集団礼拝や日没後の大宴会で人々の交流が活発になりますが、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、世界最大のイスラム教国インドネシアでも政府がモスクでの礼拝の自粛を要請し、現在は各自自宅でリモート礼拝が行われています。
 
インドネシアの首都ジャカルタのモスク(イスラム礼拝所)からは人々が姿を消し、街全体が閑散としている状況です。ここ数週間、インドネシアだけでなく、アジア全体で宗教行事に絡む感染拡大が相次いで発覚し、大規模な宗教集会の危険性が露呈しています。
4月28日現在、インドネシア全土の新型コロナウイルス感染者数は9,096人、死者は765人。インソネシア政府は6〜7月にかけて最大で10万6千人に達する恐れがあるとの見方を表明しています。
 
 
 


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら