インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

知る人ぞ知る世界一珍しく高価なコーヒー豆「コピ・ルアック」


 

世界に誇るコーヒー大国のインドネシア。数多くの銘柄がありますが、中でも注目されているのがジャコウネコの糞から作る「コピ・ルアック」というコーヒー豆。その驚きの製法を知ったら、コーヒー好きの方は一度は飲んでみたくなるはず。今回は、バリ島のコピ・ルアックについてご紹介していきたいと思います。

 

 

ジャコウネコの糞から作る「コピ・ルアック」

 

ジャコウネコの糞から作る「コピ・ルアック」

 
コピ・ルアックの「コピ」はインドネシア語でコーヒー、「ルアック」はインドネシアに生息するジャコウネコを意味します。ジャコウネコが真っ赤に熟した良質なコーヒーチェリーの実を食べ、実の外側の柔らかいところだけが消化され、消化しきれなかったコーヒー豆になる種はフンとして排泄されます。これを洗浄・乾燥・焙煎したものが「コピ・ルアック」となります。生豆はパーチメントという皮に包まれており、フンと生豆は触れていないのでご安心ください。
ジャコウネコは美味しいフルーツの実を好んで食べるため、お腹化の中で食べたフルーツの香りがコーヒー豆にうつり、フルーティーな匂いが特徴のコーヒーに仕上がるのです。
 
 

希少価値の高い幻のコーヒー

 

希少価値の高い幻のコーヒー

 

コピ・ルアック」は、年間採取量が少なく、商品になるまで手間暇をかけていることや希少価値が非常に高いことから、「幻のコーヒー」とも言われています。ヨーロッパでもこの珍品は高級コーヒーとして非常に人気があります。
気になるそのお味はしっかりとしたコクと苦味と酸味が特徴。独特の風味と豊かな香りが広がり、飲んだあとも余韻が残ります。最近では日本でも通販で気軽に購入できるようになりましたが、インドネシアへ訪れた際は本番の「コピ・ルアック」をぜひ一度堪能してみてください。
 
 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら