インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

これぞソウルフード!おすすめインドネシア料理5選


 

インドネシア料理といえばナシゴレンやミーゴレンなどが有名ですが、インドネシアは“食の大国”と呼ばれるほどさまざまな食に溢れた国でもあります。今回は、おすすめのインドネシア料理5選をご紹介していきたいと思います

 

ナシゴレン

ナシゴレン

 

ナシゴレンは米を炒めたもので、インドネシア風のチャーハン。にんにくや唐辛子、現地のスパイスをふんだんに使った独特のコクと辛味が特徴で、日本人も馴染みのある料理です。インドネシア語で「ナシ」はご飯、「ゴレン」は炒めるという意味があります。現地の辛味香辛料「サンバル」や醤油ベースの甘口タレ「ケチャップマニス」など、辛味や風味を生かした調味料が使われ、具は唐辛子や鶏肉、エビ、クルプック(揚げせんべい)など。レストランや屋台によって具材や味付けが違うので、自分のお好みのナシゴレンを探してみてください。

 

ミーゴレン

ミーゴレン

 

ミーゴレンはインドネシアをはじめ、マレーシアやシンガポールなど東南アジアで親しまれている焼きそば。ナシゴレンと並ぶほどの定番メニューなので、ほとんどのレストランで食べることができます。こちらもケチャップマニスとサンバルで味付けををした甘辛い味が特徴です。ネギやキュウリ、スライス玉ねぎ、エビなど具はさまざまで、目玉焼きが乗っているのが一般的です。女性からも人気が高く、ミーゴレンのインスタントラーメンは日本へのお土産にもおすすめ
 
 

サテ

サテ

 

屋台などで多く見かけるインドネシア風串焼き料理。日本の焼き鳥より小さく、10本単位で売られており、スパイスなどのタレでつけ込んだお肉を炭火で焼きます。サテには鶏肉を使った「サテ・アヤム」、ヤギ肉を使った「サテ・カンビン」が使われ、お店や地域によってさまざまなバリエーションがあります。アチャールというインドネシア風のピクルスとの相性がばっちりです。

 

サンバルマタ

サンバルマタ

 

サンバルマタは、インドネシア料理定番のふりかけのようなもの。レッドオニオン、唐辛子、香辛料、ハーブなどを刻んであえ生で食べます。辛さはあるものの、口の中に入れると旨味が広がりクセになります。ミーゴレン(焼きそば)にトッピングしたり、ナシサンバルマタなどいろいろな料理に合わせて食べられる人気料理です。

 

バクソ(バッソ)

バクソ(バッソ)

 

バクソ(バッソ)は主に屋台やワルン(家族経営の食堂や喫茶店)で食べられる肉団子スープ。肉団子の肉は、牛肉、鶏肉、魚などがあり、具材もビーフンや野菜などお店によって種類が異なります。味付けは醤油、酢、サンバルなどで、約10,000ルピアとリーズナブルな値段で食べられるのも魅力。小腹が空いたときに、軽食やおやつ代わりに食べられる人気の料理です。
 
 

1日1回ポチッとしてくれたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら