インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシアの伝統楽器「ガムラン」の魅力


 

世界的な観光地であるインドネシア・バリ島では観光客向けのステージやお祭りなどで「ガムラン」という伝統音楽を奏でます。打楽器を主とするインドネシア独自の合奏音楽は、ぜひ一度は生演奏で聴いていただきたいもの。今回はインドネシアの伝統楽器「ガムラン」についてお話していきたいと思います。

 

伝統楽器「ガムラン」の特徴

ガムラン

 

ガムランは大きく分けて「ジャワのガムラン」と「バリのガムラン」の2つに分かれます。ジャワのガムランは宮廷音楽風のゆったりとした音色である一方、バリのガムランは躍動的な音が特徴です。地域によって特徴が異なり、ジャワ島中部、ジャワ島西部、バリ島のものが有名であるほか、フィリピンやマレー半島などさまざまな国や地域で伝統音楽として親しまれています。
 
バリ島には大小数十種類のガムランがあります。ガムランという言葉はインドネシア語の「ガムル(たたく)」が語源となっています。バリではガムランの演奏にのせて舞踊芸術が上演。楽器の繊細な音に合わせ、喜びや怒り、悲しみなどさまざまな感情を踊りで見事に表現します。
 
 

ガムランの楽器の種類

 

ガムランで使われる楽器は旋律を演奏する打楽器のほかに、太鼓やゴング、弦楽器などがあります。バリ舞踊とガムランの演奏が織りなす世界はとても神秘的。ガムランの楽器をいくつかご紹介していきます。

 

【ガンサ】
青銅の鍵盤と竹の共鳴筒をもつ鉄琴。木製のバチを片手に持ち、次の音を鳴らすには直前の鍵盤の音を指で止めるテクニックが必要です。インドネシア五音階に調律されていて、ガムランでは2人1組で演奏します。
 
【クンダン】
果物のナンカの木をくり抜き、両側に牛の皮を張って作られた太鼓。奏者のひざ上や台に2〜4個セットで置いて、両手で左右のヘッドを叩いて演奏します。ガムランの中で音楽の開始やテンポなど主導権を握る楽器です。
 
【ゴング】
2枚の鉄板を叩き演奏します。
インドネシアのゴングは中心に瘤があり、低い低音と長く残る余韻が特徴です。
 
【レヨン】
釜のような楽器で瘤があり、両手にばちを持ち叩いて音を出したり、軽くおさえて響きを止めたりしながら4人の奏者が息を合わせて演奏します。
 
 
地域によってさまざまな演奏が異なるガムラン。現地の伝統に触れながら、心に残る演奏と舞踊を満喫してみませんか?バリ島の伝統舞踊については、こちらの記事をご覧ください。
 

1日1回ポチッとしてくれたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら