インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシアのおすすめ絶品南国フルーツ


 

赤道直下に位置するインドネシアでは、東南アジア名産のフルーツが豊富に採れます。日本では高価なフルーツでもリーズナブルな値段で買うことができたり、旬の時期に食べるととっても美味しいフルーツがたくさんあるんです。今回は、インドネシアの絶品フルーツをご紹介していきたいと思います。
 
 

1.マンゴスチン(マンギス)

 

マンゴスチン

 
マンゴスチンはインドネシア語では「マンギス(manggis)」と呼ばれ、“果実の女王”とも呼ばれる可愛らしい形が特徴のフルーツ。分厚い皮の中に柔らかくとろけるような果肉が詰まっており、味は甘酸っぱく女王の名にふさわしい美味しさです。味と食感のバランスが良く、日本人の口にも合いやすいのでぜひ一度食べていただきたいフルーツです。
 
 

2.マンゴー

 

マンゴー

 

インドネシアのマンゴーは種類が豊富で、形や大きさ、色もさまざま。果肉は黄色く独特の匂いがします。日常的にジュースで飲まれることも多く、甘くてジューシーな味が特徴です。雨季の10月〜2月頃が旬ですが、1年を通して販売しています。市場の方が安価で買えますが、スーパーではカットされているものを売っているので気軽に食べたいときはスーパーでの購入がおすすめです。
 
 
 

3.ドリアン

 

ドリアン

 

“果実の王様”と言われ、見た目のトゲトゲからは想像がつかないほど甘くて濃厚な味が楽しめます。独特のにおいがあり好き嫌いが分かれるものの、インドネシアへ訪れたらぜひ一度挑戦していただきたいフルーツです。匂いが強くて重さが軽く、色が濃いものが美味しいドリアンの見分け方です。
 
 
 

4.パッションフルーツ(マルキサ)

 

パッションフルーツ

 

爽やかな甘酸っぱさと芳醇な香りが特徴のパッションフルーツ。ゼリーをまとった小さい種がたくさん入っていて、甘みがあり美味しいフルーツです。インドネシアではマルキサ(Markisa)と呼ばれ、スーパーや市場、ローカルなお店で売られています。

 

5.ランブータン

 

ランブータン

 

特徴的な見た目をしているランブータンですが、毛むくじゃらの外皮を剥くと
綺麗な白いゼリー状の果実がありライチに近い味をしています。インドネシアでは日常的に食べているフルーツで、牛乳などと混ぜてジュースにしても飲みやすく人気があります。
 

6.パパイヤ

 

パパイヤ

 

インドネシアで一年中食べられるフルーツ。食べ頃の果実は黄色で、果肉はオレンジレッドです。果肉が柔らかくて水分があり、栄養素も豊富に含まれています。

 

いかがでしたでしょうか?
インドネシアにはまだまだ美味しく珍しいフルーツがたくさんあります。町のスーパーや市場、レストランで出てきたフルーツもじっくり見て、どんなフルーツがあるのかチェックしてみてくださいね。
 
 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら