インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

赤道直下のインドネシア、暑い乾季をどう乗り越える?



赤道直下に位置し、熱帯気候のインドネシア。暑くて過ごしにくいと思いきや、実は絶好の観光シーズンと言われるほど日本よりも過ごしやすい気候の時期もあったりと快適な温度が続きます。本格的な乾季の夏を迎える今、インドネシアの夏の暑さ対策を理解しておきましょう。


乾季の日中は太陽の日差しに要注意


インドネシアは、太陽が常に真上にあるため年間を通して気温の変化がありません。気温は約17度〜33度ほど。昼と夜の温度差が激しいため、身体が慣れるまで風邪を引きやすくなってしまいます。また、10月〜3月は「雨季」、4月~9月は「乾季」に分かれます。乾季の日中はとても暑くなりますが、日本のジメジメとした熱気のある暑さではなく、インドネシアでは日差しがジリジリと痛く、太陽を近くに感じる暑さが特徴です。日焼け対策をしていないと肌がダメージを受けて焼けてしまい、皮がめくれたりシミの原因になってしまうことも。夕方は暑さが和らぎ過ごしやすくなるものの、特に乾季の日中には注意が必要です。


インドネシア人は暑い夏をどう乗り越えている?


最も気温が上がり暑くなる日中は、インドネシア人は屋外での活動を控えて体力を温存します。「バジャイ」と呼ばれる三輪オートタクシーの運転手は日中路駐をして客席で昼寝をして休息をとっている人の姿を見かけることもあります。朝方から深夜まで働くこともある運転手は最も暑い日中に体力を温存して涼しくなってから活動するなど、その人の仕事内容に合わせてちょっとしたお休みタイムを設けるインドネシア人は少なくありません。水分補給をこまめにし、できるだけクーラーの効いた室内で過ごすなど、暑さ対策はどこの国も共通のようです。
ひとつ注意したいのは、クーラーの温度設定。外が暑いせいで、スーパーやコンビニ、レストランなどのクーラーは低音に設定されています。風邪をひかないためにも一枚羽織るものを持っておくと安心です。



フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら