インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシア語でさまざまな「さようなら」を言ってみよう


 

「また会いましょう」「また明日」「バイバイ」など、相手やシーンによって別れのフレーズは変わってきますよね。日常会話でもよく使う別れのあいさつを、インドネシア語で話せるようにしておきましょう!

 

基本となる「さようなら」

 

Selamat tinggal.(スラマッ ティンガル)」=「さようなら
 
・Selamat(感謝)
・tinggal(滞在する、住む、去る)
 
英語の「Good-by.」にあたる「さようなら」です。立ち話をしたあとなど最も基本的な別れのシーンで使うフレーズとなります。
 
 

「バイバ〜イ」「じゃあね」

 

Dadah(ダダ~)」=「バイバ〜イ
 
友人など親しい間柄で使う砕けた言い方です。現地で友人ができたら気軽に使ってみましょう。
 
 

「また会いましょう」

 

Sampai jumpa lagi.(サンパイ ジュンパ ラギ)
=「また会いましょう。
 
・Sampai(〜まで)
・jumpa(会う)
・lagi(再び、また)
 
 
Sampai jumpa besok.(サンパイ ジュンパ ベソッ)
=「また明日会いましょう。
 
・besok(明日)
 
次の日も会う相手ならこちらのフレーズを使ってみましょう。
 
 
 

「またあとでね」

 

Sampai nanti.(サンパイ ナンティ)
=「また後でね」「またね~

・nanti(あとで)

 

「いってきます(さようなら)」

 
「Selamat tinggal.(スラマッ ティンガル)」
「さようなら」「いってきます」
 
こちらのフレーズは日常会話ではあまり使いませんが、しばらく会えなくなる相手に使うフレーズです。現地でできた友人などに、帰国前の別れの挨拶などで使います。
 
送り出す出す方は以下のフレーズになります。
 
Selamat jalan(スラマッ ジャラン)
「さようなら」「いってらっしゃい」
 
 

お気をつけて

 

hati-hati (ハティハティ)
=「お気をつけて
 
・hati(心)
 
重ねると「気を付けて」という意味になります。「Smapai jumpa lagi(また会いましょう。)」に対してよく使われる表現で、日本の「お疲れ様」という意味で仕事終わりに使うこともあります。
 
 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら