インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシアの公用語は?英語は通じる?


 

小さな島々からなる国、インドネシア。それぞれの島で独自の方言が使われています。「世界一簡単な言語」とも言われているインドネシア語ですが、現地ではどんな言葉が主流に使われているのでしょうか?今回は、インドネシア人の公用語とその他の言語についてお話していきます。
 
 

公用語はインドネシア語

 

インドネシアの公用語は、インドネシア語です。多民族国家のインドネシアでは国内各地で700種類を超える言語が使われているので、共通語として国が定めたのがインドネシア語となります。インドネシア語の特徴として「現在」「過去」「未来」など時間の経過によって変化する動詞や敬語もなく、インドネシア語はアルファベットで書き表し、読み方もほぼローマ字読みなので比較的易しい言語と言われています。
 
現在でも日常生活ではジャワ人ならジャワ語、バリ人ならバリ語といったように地方語が使われることがほとんどですが、学校教育、行政、マスコミなどではインドネシア語が使われています。そのため、インドネシア語の普及率は高く、だいたいどこへ行ってもインドネシア語が通じます。また、インドネシア語はかつてマラッカ海峡周辺での交易に使われていたマレー語を母体にして発展した言語のため、マレーシア、シンガポール、ブルネイなどでも比較的理解してもらえます。
 
 
 

インドネシアで「英語」は通じる?

 

インドネシアで「英語」は通じる?

 

インドネシア語を話せない場合、まずは英語が通じるのか気になるところ。主要都市のジャカルタや観光地のバリ島などであれば英語は通じます。さらにバリ島など日本人観光客の多い場所では日本語が通じることも。基本的にはインドネシア語で会話をするのがベターですが、慣れないうちは英語で話してもOKです。ただ、現地では英語が通じないシーンも出てくるので、現地へ訪れる前に簡単なインドネシア語を覚えておきましょう。

地域ごとに差はありますが、インドネシアでは英語教育が盛んに行われています。日本でいう小学生にあたる時期に英語の授業を行なっている学校が多く、幼少期から英語に触れる機会を積極的に取り入れています。

 

こちらの「言語」のカテゴリでは日常で使う単語からすぐに使える文法まで幅広くご紹介していますので、インドネシア語を学ぶ際には参考にしてみてください。

 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら