インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

謝るときに使うインドネシア語フレーズ


 

日常生活の中では、歩いていてちょっと人にぶつかってしまったり、失礼なことをしてしまったとき、約束の時間に遅れてしまったなどさまざまなシーンで謝罪のフレーズを使いますよね。今回は、謝るときのインドネシア語フレーズをご紹介していきます。

 

カジュアルな「ごめんなさい」

 

Maaf.(マアフ)」=「ごめんなさい。」
 
Maaf.(マアフ)は「ごめんなさい」の基本形となるフレーズ。些細なことに使えますが、深刻な問題の場合は適切ではありません。インドネシアでは英語の「Sorry.(ソーリー)」も使えるので、気さくな表現のときはこちらを使ってもいいでしょう。
 
 

シリアスな謝罪の場合

 

Minta maaf.(ミンタ マアフ)」=「どうか許して
 
・Minta(願う)
・maaf(許し)
 
 
Saya sungguh-sungguh minta maaf.(サヤ スング スング ミンタ マアフ)
=「どうか本当に許してください。
 
・sungguh-sungguh(本当に)
・minta maaf(許しをお願います)
 
さらに深く謝罪する場合。「本当に」を意味する「sungguh-sungguh(スング スング)を使うことで誠実さが込もります。
 
 
 

「大丈夫です」「気にしないで」

 

Tidak apa-apa.(ティダッ アパ アパ)
=「大丈夫です。(気にしないで)
 
相手に謝られたときに返すときの言葉。
さらにカジュアルな返事になると「Ga papa.(ガ パパ)」となります。友人など親しい人などに「別にいいよ」「気にしないで」と返すときに使ってみてください。
 
 

【番外編】“Excuse me”の「すみません」

 

Permisi (ペルミシ)」=「すみません
 

「ごめんなさい」の謝罪とは違いますが、英語の“Excuse me”と同じ意味合いで使うインドネシア語です。人混みを通る時や、道を尋ねるとき、お店の人に声をかけるときに使えるフレーズです。

 
 
 
今回は、さまざまなシーンでの「ごめんなさい」をご紹介しました。たとえ何か失敗してしまっても、誠実に気持ちを伝えれば理解してくれるはず。失敗を恐れずにどんどんインドネシア語を使ってコミュニケーションをとっていきましょう!
 
 
 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら