インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

これだけは覚えたい!日常的なインドネシア語のあいさつ


 
人と会話するなかで欠かせないあいさつ。良い1日をスタートさせたり初対面の相手と楽しく話すためにも、基本となるフレーズは覚えておきたいもの。
ここでは、日常生活で使うインドネシア語のあいさつをご紹介していきます。
 

Selamat pagi. (スラマット パギ)」=「おはよう」

 

「Selamat pagi.(スラマット パギ)」= 「おはよう」 
 
 
「Selamat(スラマット)」は「おめでとう」「穏やかな」「平和」という意味があります。この「Selamat」の次に、時間帯によってつづく言葉が変化します。
 
 
・朝 日の出〜午前10時
Selamat pagi.(スラマット パギ)」= 「おはよう
 
・お昼 10:00〜16:00
Selamat siang.(スラマット シアン)」=「こんにちは
 
・夕方 16:00〜19:00
Selamat sore.(スラマット ソーレ)」=「こんにちは
 
・夜 19:00以降
Selamat malam.(スラマット アラム)」=「こんばんは
 
 
仲の良い友達や家族へのカジュアルなあいさつは「Selamat」を省略して「Pagi(パギ)」Siang(シアン)「Sore(ソレ)」と使います。
また、時間帯に関係なく挨拶する場合は「Halo.(ハロ)」「He.(へ)」を使用することがあります。
 

「Kenalkan. (クナルカン)」=「はじめまして」

 

 「Kenalkan.(クナルカン)」=「はじめまして
 
日本語の「はじめまして」を表現するインドネシア語はありませんが、自己紹介する際の前置きの言葉としては「kenalkan.(クナルカン)」が適切です。
 

「Nama saya ◯◯.(ナマ サヤ)」=「私の名前は◯◯です。」

 
Nama saya ◯◯.(ナマ サヤ)」=「私の名前は◯◯です。
 
「Kenalkan. (はじめまして)」や「「Halo.(こんにちは)」に続いて自己紹介をするときの基本フレーズ。「あなたの名前は何ですか?」と相手に訪ねるときは「Siapa nama anda ?(シアパ ナマ アンダ?)」と聞き返しましょう。
 
 

「Selamat Jalan.(スラマットジャラン)=「さようなら」

 

「Selamat Jalan.(スラマットジャラン)」=「さようなら」
 
Jalan.(ジャラン)」は「出かける」「歩く」「行く」という意味があり、「次に会うまで」という意味合いになります。
 
 

Terima kasih.(テリマ カシー)」=「ありがとう」


Terima kasih.(テリマ カシー)」=「ありがとう

Terima kasih.(テリマ カシー)」は、感謝を伝える言葉。Thank youでも通じますが、インドネシア語で伝えることでより良い雰囲気になります。逆に「Terima kasih.(ありがとう)」と言われたら「どういたしまして」を意味する「Sama-sama.(サマサマ)」と答えましょう。

 

「Apa kabar?(アパ カバール?)」=「お元気ですか?」

 
Apa kabar?(アパ カバール?)」=「お元気ですか?
 
このフレーズはフォーマルにもカジュアルにも使えます。
この問いに対して「はい、元気です。」と答える場合、「Baik-baik saja.(バイッバイッサジャ」と言います。
 
 

「Permisi.(プルミシ)」=「すみません」

 
Permisi.(プルミシ)」=「すみません
 
お店で店員さんを呼ぶとき、人に道を聞きたいとき、通路で人の前を横切る時など、「Permisi.(プルミシ)」といいます。
 
 

「Maaf.(マアフ)」=「ごめんなさい」

 
Maaf.(マアフ)」=「ごめんなさい

Maaf.(マアフ)」は人に謝るときに使うフレーズ。末尾に「ya!(ヤ!)」をつけて「Maaf ya!(マアフ ヤ!)」と言うと、「ごめんね!」というカジュアルな表現になり、友達や家族に対して使われます。

これに対して「大丈夫です。(問題ありません。)」と答える場合、
Tidak apa-apa.(ティダッ アパアパ)」となります。
 

1日1回ポチッとしてくれたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら