インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシアには3つ時差のタイムゾーンがある


日本とインドネシアの時差はどれくらいあるかご存知でしょうか。インドネシアには3つのタイムゾーン(時差)があり、それぞれ標準時間が決められています。今回はインドネシアへ行く際に是非覚えてもらいたい、各地域のタイムゾーンをご紹介していきます。

インドネシアと日本の時差

なぜインドネシアには3つの時差があるかというと、インドネシアの地形は横に細長くその長さは5,100kmほどあるため、3つに時間帯が分けられているのです。インドネシアは首都ジャカルタの時間を基準にしており、日本との時差は−2時間と言われていますが、人気観光地であるバリ島との時差は−1時間。このように時間が違うので、場所によって時間の調節が必要になります。ジャカルタからバリ島に行く場合ジャカルタは−2時間ですが、バリ島は−1時間なので1時間プラスしなければなりません。スマホの時計は自動的に設定されますが、腕時計などの時間調節は忘れないようにしましょう。

3つのタイムゾーンとは?

 
インドネシアは以下のタイムゾーンに分かれています。
 
 
 
3つのタイムゾーンとは?

WIB(西部)

WIBは「Waktu Indonesia Barat(ワクトゥ インドネシア バラット)」の略で西部の標準時間という意味です。首都ジャカルタがあるジャワ島・スマトラ島・カリマンタン島西部がある地域。この地域の時差は−2時間。

WITA(中部)

WITAは「Waktu Indonesia Tengah(ワクトゥ インドネシア テンガー)」の略で中部の標準時間と呼ばれています。バリ島・スラウェシ島・カリマンタン東南部がある地域。この地域の時差は−1時間。

WIT(東部)

WITは「Waktu Indonesia TImur(クワトゥ インドネシア ティムール)」の略で東部の標準時間という意味です。パプア・ニューギニア島がある地域になります。この地域は日本と同時間のため首都ジャカルタから2時間の時差があります。

インドネシアのタイムゾーンに注意

国内を移動するときは特に時差に気をつけなければなりません。日本からジャカルタを経由してバリ島に行く場合には、時間が戻ったり早まるので気をつけましょう。また、国内の時間は首都ジャカルタが基準となっており、テレビなどの時刻表記はジャカルタの時刻であることがほとんどです。WIB以外の地域に行く場合、テレビの時刻に惑わされないにしましょう。

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら