インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

ジャワ島の基本情報


 

インドネシアのジャワ島はどんな島なのかご存知ですか?インドネシアの首都ジャカルタや大都市ジョグジャカルタ、有名観光地ボロブドゥール寺院遺跡、東南アジア最大規模であるイスティクラル・モスクなど見所満載です。今回はジャワ島の基本情報をご紹介します。

 

地理と人口

 

インドネシアの西部に位置し、東西に長細く火山が連なっています。国土7%に約6割の人口1億4514万人が集中。首都ジャカルタや古都ジョグジャカルタを擁する政治、経済の中心地です。

 

民族と宗教

民族と宗教

 

マレー系のジャワ民族(約9000万人)が人口の6割を占めています。バンドゥン周辺にはスンダ人(3260万人)、マドゥーラ島にはマドゥーラ民族が暮らしているのです。信仰宗教はイスラム教が大半ですが、ブロモ山のテングル民族は古来のヒンドゥー教の教えを守っています。

 

文化と歴史

 

ジャカルタはオランダ植民地時代にバタビアと呼ばれており、住民達はブタウィと呼ばれていたのです。スンダ、マレー、ジャワなど古くからこの地に来ていた民族と、ヨーロッパ、中国文化との融合が独特のブタウィ文化を作りました。音楽や舞踊に大きな影響が残っています。
ジャワ島の歴史は、100万年前のジャワ原人から始まります。大陸からの民族の移動が続き、紀元前後からヒンドゥー系民族が移住し、稲作などを伝えました。8〜9世紀には中部ジャワで仏教国のシャイレンドラ朝やヒンドゥー教国の古マタラム朝が栄え、寺院を創設。14世紀にはマジャパイト王国が最盛期を迎え、ジャワ・ヒンドゥー文化も成熟しますが、この頃からイスラム教が商人を通して広めました。17世紀はじめに、オランダ東インド会社が設立され植民地支配を受け、この頃にジャワ島のイスラム化が加速したのです。第二次世界大戦後には独立を果たしました。
 

ジャワ島おすすめスポット

ジャワ島おすすめスポット

 

ジャワ島最大のスポットは、ジョグジャカルタ周辺の遺跡探訪です。世界最大級の仏教遺跡ボロブドゥール、ジャワ・ヒンドゥー教のプランバナン寺院など世界文化遺産にも登録されている遺跡が並んでいます。起点となるジョグジャカルタはホテルも充実し、ジャワ島文化に触れる機会も豊富です。首都ジャカルタではインドネシアの最先端とともに、バタビア時代の面影が残る街にも足を運んでみてはいかがですか?また、ジャワ島には豊な自然も残っており、世界自然遺産に登録されてる西武ウジュン・クロン国立公園や、東部のバルラン国立公園はエコツアーのスポットとして人気を集めています。山好きの方は、ブロモ山やラピ山などの山歩きもおすすめです。
 
ボロブドゥールについてはこちらをご覧ください。
 

ラマダンとレバラン

 

インドネシアは世界最多のイスラム教徒を抱える国です。普段はお酒を飲んでいる人もいますが、1年に1度のラマダン(断食月)では、神様に感謝するためアプサ(断食)を行います。病人や乳児を除き、1ヶ月間は日の出ている時間帯に食事や水を飲むことも許されません(水を飲んでしまうとその分アプサ期間が延長)。ラマダンの間はお腹が空いてイライラすることが多いため、飲食店やマッサージ店も営業を自粛したり、お店によっては時間を変更したり観光客へのアルコールを禁止します。1ヶ月が終わると、ラマダン明けを祝うレバランが盛大に行われるのです。繁華街では、トラックに乗った若者が夜遅くまで走り回り、1週間〜10日程会社や学校が休みになります。都心で働く人も故郷へ帰り、家族とや親戚と一緒に過ごしたり旅行へ出かけたりするため、交通機関は大混雑です。

 

ジャワ島の治安

ジャワ島の治安

 

観光客が多い街では、バスの車内などスリがよく出没するので注意が必要です。荷物を持っての乗車は避け、長距離の移動はシャトルバスを利用するとスリや置き引きの被害に合う確率は減ります。また、ジャカルタではタクシーの強盗被害も増えているので、深夜の利用は避けましょう。

 

ジャワ島の気候

 

海洋性熱帯気候で、11月〜3月が雨季、それ以外は乾季です。近年雨季には朝晩雨が降り続くこともあるので、観光は乾季がベスト。年間降水量は2000mm、気温は海抜によって異なります。
 
インドネシアの気候・現地での快適な服装についてはこちらをご覧ください。
 
 

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら