インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら

インドネシアで安心して利用できるタクシー


インドネシアでは空港から市街地への移動はタクシーが主流となっています。海外で初めてタクシーを利用するとなると心配事が多いですよね。トラブルなく快適にタクシーで移動するためにも、インドネシアのタクシーについて知っておきましょう。

インドネシアのタクシー事情

インドネシアにおけるタクシー料金の相場は、初乗りRp.6,500。(日本円でおよそ約50円)もちろん距離によって異なりますが、日本のタクシーの10分の1の料金で乗ることができるので、ちょっとした移動でもタクシーを利用する人がほとんど。トル(TOL)という高速道路を走ったときやパーキングに進入して発生した金額は別途支払う必要があります。タクシー運転手へのチップはマストではありませんが、親切な対応をしてくれたら気持ちを渡してあげると喜ばれます。ではここから、日本人も安全して利用できるおすすめのタクシーをご紹介していきます。

Blue Bird Taksi

Blue Bird

インドネシアで最も有名なタクシー会社。初乗りはRp.6,500。青い車体と鳥のマークがあります。ドライバーの管理が徹底されており、車内は清潔で必ずメーターをあげて走ります。また、同じ系列で水色の車体の「Pusaka」があります。フロントガラスに貼られている「Blue Bird Group」のステッカーを目印にしましょう。

Silver Bird Taksi

Blue Birdグループのワンランク上のサービスを提供してくれるタクシー。基本的に英語が通じます。初乗りはRp.15,000で、アルファードやベンツなどの車に乗ることができます。空港や高級ホテルから乗車するか、電話で配車予約をしましょう。(車種の指定も可能)名前と目的地が記載されたレシートがもらえるので安心です。出張者や観光で訪れた方もSilver Birdであればはずれがありません。

EXPRESS

初乗りRp.7,500。白色ボディーのトヨタ車が目印です。基本的にBlue Birdタクシーを利用するのがおすすめですが、タクシーがなかなかつかまらない場合はExpressタクシーを選んでも問題ありません。運転手によって接客レベルは多少変わりますが、日本人も安心して利用できます。

配車アプリを活用しよう

インドネシアでは「Grab」「Go-jek」などの便利な配車アプリが人気です。タクシーだけでなくバイクタクシーも呼ぶことができるので、用途に合わせて利用してみるのもおすすめです。オーダー時に料金が確定するので、ぼったくりなどの被害を遭うこともありません。


いかがでしたでしょうか?

なかには英語が話せないタクシー運転手もいるので、目的地や希望など簡単なインドネシア語を話せるとスムーズ。タクシーで使えるインドネシア語については、こちらの記事をご覧ください。

1日1回ポチッとしていただけたら嬉しいです。


フィリピン現地にいないと知らない情報をお届け! フィリピンで頑張る日本人   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   インドネシアへの海外進出・海外ビジネスを徹底サポート! 詳しくはこちら   ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! インドネシア不動産へのお問い合わせは投資はこちら